たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


2018年03月03日

東日本大震災慰霊祭2018「あの日を忘れない。」開催のご案内

東日本大震災からもうすぐ7年、いまだ7万5千人以上の方々が避難をされている中で、7回目の3月11日を迎えようとしています。
今年も皆様と共にこの調布の街で「東日本大震災慰霊祭~あの日を忘れない。~」を開催いたします。

 本年度のテーマは「共にすすむ 2018」です。
 震災から7年、新しい街並の中で生活が始まり発展し復興という次のステージに向けてすすみ始めている地域もあります。しかし、その一方で全く手付かずの地域も数多くあり、過疎地域の格差が浮き彫りになっているのが現実です。
今、私たちに何ができるのかを毎年考え、一人ひとりの支援の輪を復興支援活動で出会った人々と広げて、新しい出会いをつくり、東北の良いところ、知ってもらいたいこと、私たちにとって大切なことを調布の街で見つけていきたいと思います。復興への歩みを止めることなく、これまで以上に共にすすんでいく気持ちを高めることを目的として、活気のある心のこもった慰霊祭にしていきたいと考えています。
 この慰霊祭は、14時46分に合わせ殉難者に祈りを奉げ、灯りを献げ追悼すること、現在の東北を知り、心を重ねることを通して、このつながりが過去を礎として現在未来へと続き、これからの防災につながることを意図しています。ぜひ趣旨にご賛同いただき、実行委員・サポーターとして、本事業をご一緒に展開していただきたくお願い申し上げます。

 東北では復興への長い道のりが続いていますが、東京では東日本大震災について日常的に振り返ることが少なくなっているようです。調布から本事業が今一度東日本大震災について考えるきっかけになれば幸いです。

どうか皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

東日本大震災慰霊祭「あの日を忘れない。」共にすすむ 2018
事業概要

日時:2018年3月11日(日) 13時~
会場:調布駅南口広場
主催:東日本大震災慰霊祭2018実行委員会
協力:調布から!復興支援プロジェクト、調布市仏教会、
カトリック・サレジオ調布教会、咲かせよう!調布さくらプロジェクト、
(株)くらしの友、電気通信大学有志
後援(予定):調布市、調布市観光協会、(社福)調布市社会福祉協議会、
 (公社)調布青年会議所、調布管工土木事業協同組合

事業内容
1.東日本大震災犠牲者への献灯
2.調布市仏教会による読経
3.カトリック・サレジオ調布教会による聖歌合唱
4.防災啓発コーナー(防災グッズ、非常食など)
5.復興応援販売
6.その他